櫟 道後木蓮句会

櫟 道後木蓮句会 (指導者 江崎紀和子)       

選者吟                      
目もくらむばかりに晴れて糸桜     江崎紀和子                       

句 会                      
手のひらの厚き仏や母子草         相原美由紀                      

擬木にも年輪のある朧かな         和泉 厚子                      

目借時一両だけの予讃線          岡本 忠夫                      

春愁やグレタガルボの眉細く        坂本 公子                      

鯥五郎眺め回して洗ひけり         宍野 宏治                      

黒松の騒めく音も春疾風          高橋 淑子                      

げんげ田や婆は車に腰掛けて        前田美津子                      

はくれんの白置きざりに暮れにけり     松本 麗子                      

花筵座りごこちのよきところ        室  達朗                     

落つること忘れてゐたる白椿        行本奈智子                  

アネモネや一言添ふる一筆箋        吉岡 仁美                     

かがむほど昔へ還るげんげかな       渡辺美紀子                  

 


ささゆり句会3月

ささゆり句会 (指導者 宮内佐代美)       

選者吟                      
鳥歸る水平線を傾けて         宮内佐代美                       

句 会                      
南への一輛列車春あはし          黒田 順子                      

口ずさむ師の詩なづなの花白し       相原眞佐子                      

雲雀野の果は海なり船出せむ        重崎 光子                      

春ショール風の意のまま歌ふまま      福本ひろ子                      

近道を來て迷ひをり梅日和         土岐久米子                      

侘助や路地に乾かぬ潦           田畑 温美                      

子規さんも師も遙かなり山椿        三好 和江                      

伊豫辮のやはらかきかな麥悗燹      〇綫遏/子                      

鳶の輪を大きく山茶花日和かな       東  勝子                     

紅梅の香につつまれて一つ老ゆ       兵頭ひろ子                  

 


青葉句会-2月-

青葉句会 (指導者 重信トシ子)       

選者吟                      
光あまねし手酌の屠蘇の二献ほど     重信トシ子                       

句 会                      
田の中の松の参道初詣           佐々木真理                      

旅人に舞を披露の初舞台          佐賀  博                      

おはじきを残し子ら去る四日かな      中島千恵美                      

初春の日差しあふるる畑仕事        堀内ゆかり                      

穏やかに年を重ねし初御空         松岡 秀子                      

塗下駄の爪革濡らす時雨かな        矢野 文子                      

京菓子に佳き名のありし初句会       弓矢登志子                      

つくばいの庵の庭先笹子鳴く        角田 弘子                      

良き事のありさう令和初日の出       上谷 幸子                     

六地蔵の湯呑みは五つ初雀         川上 俊美                  

 


槻の会-1月-

槻の会 (指導者 藤田 ひろむ)       

選者吟                      
捨聖徒跣の道の初明り          藤田ひろむ                       

句 会                      
初春の拝殿に積む一斗樽          井上 恵子                      

大楠の三千年の淑気かな          草地蒼生子                      

香煙の中より出でし初大師         楠本たけし                      

法楽の連歌綴りや明けの春         栗田 和子                      

うち揃ひ年賀の果は腕相撲         菰田美佐子                      

若水をたっぷりかけし屋敷神        白石 房子                      

床の間の花活け替ふる四日かな       鈴木るり子                      

初詣奉書巻きせし巫女の髪         中野八千代                      

酒造りしたるも昔若井汲む         松本 章見                     

折鶴は平和の祈り去年今年         宮本 里枝                  


山の会-12月-

山の会 (指導者 大西 素之)       

選者吟                      
落鮎へ杭になるまで己消す        大西 素之                       

句 会                      
焼き締めてなほ玄冬の土の色        東  麗子                      

紅葉狩ともに行く人あればこそ       吉田百千草                      

漢方薬九十六番今朝の冬          武知 眞美                      

尼寺の茶の咲く垣に干す布巾        大月 西女                      

もの狂ひして碧落を櫨紅葉         三好 忠士                      

そぞろ寒猫じんわりと膝の上        白羽 照子                      

老いるとは胸に蜘蛛の巣眉間に皺      大野美代子                      

五合庵探しあぐねて初時雨         名本 敦子                      

水足して水琴窟に秋の声          沢田 美文                     

蟷螂枯れ動かざるなり貌も眼も       池田さち子                  


つはぶき会-11月-

つはぶき会 (指導者 渡邊孤鷲)       

選者吟                      
曼珠沙華棒で薙ぎゆく何の憂さ     渡邊孤鷲                       

句 会                      
団栗の出で来る短パン洗ひけり       土居貴美                      

棚経の僧も客なり渡し舟          鎌田サチ子                      

煮凝のずるり目玉を啜りけり        細川幸英                      

切り口の尾より値踏みの鮪かな       立花慶舟                      

花野行く一期一会のドラマあり       久保田正一                      

野間馬に孫乗せ歩く立夏かな        竜子浩之                      

銀杏黄葉上人堂の内暗し          あけみ                      

噴水におむつ姿の歩みけり         藤本隆文                      

残り鍋大根主役となりにけり        山田英樹                     

亡妻愛でし歌を唄ひぬ秋の夜        野村正良                  

僧侶の諷経重厚節分会           三好公子                  


紅日俳句会-10月-

紅日俳句会 (指導者 川内 雄二)       

選者吟                      
神門に懸崖の菊真白なり         雄 二                       

句 会                      
吊橋の裏写りたり紅葉川          由 布                      

村日が差して紅葉の山に陰と陽        あさ子                      

栗林公園先づ鶴亀の松手入         成 幸                      

分け入りし奥に一灯紅葉茶屋        絢 子                      

黄葉して命輝く大銀杏           敏 子                      

涅槃坂桜紅葉を鏤めて           愛 子                      

銀杏黄葉上人堂の内暗し          あけみ                      

楓紅葉下枝は青き色の儘          通 尚                      

一遍の生地もみぢの赤々と         あゆみ                     

病む妻の部屋に届けよ冬日差        敏史                  


重信満作句会−9月−

重信満作句会 (指導者  江崎紀和子)       

選者吟                      
藪蘭のひしとむらさき遊行寺       江崎紀和子                       

句 会                      
星月夜ひたすらに見て星になる       河原 佳子                      

村人の顔も混じりし案山子かな       露口 早苗                      

通知書の封書みづいろ小鳥来る       荒井 智子                      

夕顔は星のしづくをちりばめて       上岡 紀子                      

鉱山の跡のみづうみ燕去ぬ         黒川 紀子                      

連絡の良しも悪しきも葛の花        田村千恵子                      

鳥すらも水に足浸け涼新た         角田 眞美                      

秋灯下父の押したる蔵書印         中田 直子                      

秋風を呼びおこすかに雲流る        西村 直子                     

いわし雲天井裏に種子島          平岡 陽子                  


夏井&カンパニー 土曜カルチャー教室句会-8月-

土曜カルチャー教室句会 (指導者 夏井いつき)

                  
句 会                      
ひらがなのパーツみたいにきゅうり生る  うめ子                      

ゆふづつをしづかに冷ませアガパンサス  もね                      

花がらを摘む間に増える目高の子     むめも                      

海からの電波待つらし浜昼顔       てんてん                      

住職は砂紋の名手夏椿          樹                      

子の口に飯押込むや油照         鎚山                      

ざらざらと蛇の臭いの残る壁       いつき                      

かはほりのきちんと飛べてない感じ    空                      

海の日の上空着陸許可を待つ       恵女                     


やまびこ句会−7月−

やまびこ句会  (指導者 藤田ひろむ)      

選者吟                     
偕老の狭庭なれども梅を干す      藤田ひろむ                      

句 会                     
直干の鹿尾菜反り身や島日和        吉田 眞澄                     

祝日の無き六月の誕生日          内海トミコ                     

空海の化身岩間の濃紫陽花         後藤紀美子                     

梅雨冷や研がれて戻る裁ち鋏        菰田美佐子                     

電機柵囲ひの池や梅雨に入る        永江としこ                     

天つ日の光とどめて柿若葉         林 美沙子                     

伊予の香のジュース飲みほす徒遍路     船田としこ                     

麦秋や鯨のような雲浮いて         宮田 充子                     

田ごしらへ終へて旱の土の色        森  恵子                    

開花待つ泰山木のよき宝珠         山村 啓作                  



selected entries

archives

profile

書いた記事数:117 最後に更新した日:2020/03/31

search this site.

mobile

qrcode