かつやま抄−6月−松山渋柿会卯月句会

松山渋柿会卯月句会      (指導者 平本故渕)



選者吟   
麦秋や心を寄せし野の匂ひ      平本故渕   

句 会   
木洩れ日に色移しゆく菖蒲かな      岡田 知二   

息災の老いどっぷりと菖蒲風呂      黒田 耕風   

新緑やロダンの像の黒光り        四方 旬石   

よく笑ふ子を抱き上げて初端午      岡田 幸   

韓国語溢るゝ街や夏来る         正岡佐伊女   

黄金の波打つ風や麦の秋         森岡 布紗   

小港の狭き荷揚場干し鰈         矢野 勝三   

友逝きて知らすも聞くも春悲し      清岡伊都女   

春光に産声響き男の子生る        松本智代栄   

春昼やおつむてんてん撫で仏       前川 武史   
 


かつやま抄−5月−山の会句会 

山の会句会       (指導者 大西素之)



選者吟   
雑誌より零るる活字借どき      大西素之   

句 会   
朴芽吹く清潔な空あけてあり       池田さち子   

春愁のはちみつ匙を途切れざる      東 麗子   

ほろにがきものいとほしむ春の膳     吉田百千草   

うぐひすや角の取れたる角砂糖      武知 眞美   

足湯していざ花人となりにけり      三好 忠士   

花の名をよく知る人と蝶の昼       西田 礼子   

子の駆けて転んで雀隠れかな       名本 敦子   

囀りの光のつぶて抱く大樹        沢田 美文   

白木蓮や自然で良しと書き遺す      大野美代子   

早春の寄木細工の床光る         土居 桂子   
 
 


かつやま抄−4月−紅日俳句会

紅日俳句会  (指導者 川内 雄二) 



選者吟   
花の寺七堂伽藍みな古ぶ      川内 雄二   

句 会   
花びらを堰く禅寺の高敷居        久保田由布   

梢より見る満開の花大樹         三好あさ子   

深谷は蕾ばかりの花の山         大坪 絢子   

間伐の桧が匂ふ花の昼          山本 敏子   

銅山川大磐石に桜散る          今西 愛子   

咲き満ちて幹暖かし大桜         浅野あけみ   

剥落の山門前に大桜           鈴木とし子   

本堂の間口十間春寒し          西本里江子   

天界に桜花咲く金剛峯寺         石田 哲雄   

禅堂の寂に花見の人の声         大西 通尚   
 

吾病みて妻の着ざりし花衣        加藤 敏史    


かつやま抄−3月−ささゆり句会

ささゆり句会  (指導者 宮内佐代美)



選者吟  
これ以上削げぬ脛なり笹子澄む   宮内佐代美  

句 会  
自らを恃むほかなし冬木の芽       重崎 光子  

傘壽へと一歩近づく冬椿         桐山 洋子  

寂光の中なり紅い梅白い梅        三好 和江  

丁寧に生きよと梅のふふみけり      首藤千鶴子  

下萌や小さき花に膝折つて        河東由美子  

名を知らぬ鳥の來てをり春立つ日     兵頭ひろ子  

春淺しよちよち歩く嬰に會ひて      糸川 信子  

春寒しパゴダの兄を偲ぶれば       紅谷喜美子  

銀杏に芽念佛勸進説きて徒        相原眞佐子  

廓あと花咲くころにきつと來よ      福本ひろ子   

 


かつやま抄−2月−いつき組紙上句会

いつき組紙上句会「水鳥の座」  (指導者 夏井いつき)



選者吟  
水鳥がひかりであらば吾は谺       夏井いつき  

句 会  
着水の水鳥水を疑わず          大塚迷路  

水鳥の眠りへ櫂の波ひたひた       鯛 飯  

水鳥は水を裂いたり撓めたり       こ ま  

雑巾を絞つたやうな水鳥や        朗 善  

図面なき城の復元水鳥来         富山の露玉  

子のなまへ呼びたるやうに水鳥は     遊 人  

水鳥を飛ばして朝の舳先かな       樫の木  

星座には見えぬ糸あり水鳥来       亜桜みかり  

水鳥の水のほどけて足下に        まとむ  

 


かつやま抄−1月−やまびこ句会 

やまびこ句会       (指導者 藤田ひろむ)



選者吟  
未盗掘石室秘めて山眠る      藤田ひろむ  

句 会  
年惜しむ日本最古の聖絵に        吉田 眞澄  

山茶花の散り敷くところ百度石      菰田みさこ  

十二月八日八十路の恙なし        井関 智造  

年用意神代杉の箸買ふも         井上 恵子  

年の瀬の爪に残りし烏賊の墨       内海トミコ  

お百度の札の揺れゐる年の暮       栗田 和子  

日の巡り黄葉明りの斎庭かな       永江としこ  

池の面にライトアップの冬紅葉      林 美沙子  

秋深む悲しみをもて受話器おき      宮田 充子  

髭つけしロボット生まる漱石忌      森 恵子 

 


かつやま抄−12月−サルビア句会

サルビア句会       (指導者 有光 令子)



選者吟  
胸中に言の葉ひとつ冬北斗     有光 令子  

句 会  
稲の花長子すくすく育ちをり       井手 公子  

ざぶざぶと使ふ名水冬仕度        岡部 和代  

潮目より立上る波冬はじめ       木原 圭子  

萩は実に一茶歩きし岐れ道        幸渕 芳美  

供待に午後の日差や鵙のこゑ       近藤ヤス子  

木槿うすべに静かに人の住めりけり    佐々木真理  

にはとりの遊ぶ神苑帰り花        田坂シズ子  

咲くもよし散る山茶花の紅深し      長岡 静子  

夜の秋の稿はかどらずペンを置く     松岡 秀子  

オホーツクの風渡り来る花野かな     吉原 貞美 

 


かつやま抄−11月−つはぶき句会

つはぶき句会  指導者 渡邊 孤鷲 



選者吟  
湯豆腐や追加五勺の酔ひ心地    渡邊 孤鷲  

句 会  
(国分寺) 冬晴れや塔映りゐる小さき池   土居 貴美  

番外の寺ある島や星月夜         鎌田サチ子  

仲秋や蒼みて広き陸奥の山        細川 幸英  

丸めつゝ妣の面影白玉粉         立花 慶三  

沢蟹の赤に安堵す山の旅         久保田正一  

熱々のおでんの湯気や差向ひ       竜子 浩之  

からからと落葉の走る闇夜かな      藤本 隆文  

観音の水に素麺流しかな         山田 英樹  

柿簾不揃ひの実の一つあり        野村 正良  

殺生と言うもの見たり泥鰌鍋       三好 公子 

余生とは力抜くこと秋刀魚焼く      近藤 宗利 


かつやま抄−10月−山の木句会

山の木句会  (指導者 嶋屋都志郎)



選者吟 
秋風と思ふ目を閉ぢたるあとに   嶋屋都志郎 

句 会 
父母の墓去りかねてをり秋の蝉      石丸 徳子 

山からの風に吹かれて赤蜻蛉       井上 潤一 

故郷は山の国なり天の川         榎並 貞子 

芋虫に空飛ぶ未来ありにけり       佐伯 健二 

秋澄むや右も左も杉の山         佐伯由美子 

桔梗の端正なるを母に剪る        佐藤 璋 

恵比須丸旗はためかせ秋日和       嶋屋 房子 

六地蔵帽子新調赤蜻蛉          高橋 草天 

銀杏黄落もう遠くへは走れない      武智 和美 

自由自在に風をあつめて花芒       二宮 玉恵 


かつやま抄−9月−櫟きら句会

櫟きら句会(指導者 江崎紀和子) 




選者吟 
こほろぎや念仏講は車座に       江崎紀和子 

句 会 
秋冷の水りんりんと流れけり      出海 純子 

星月夜父の机に肘ついて       宇治 悦子 

子の髪のふはりと揺るる秋の風     大西扶貴子 

水切りの石するすると鰯雲       寒川 洋子 

亡き母もそのまた母も秋刀魚焼き    曽我部恵子 

居住まひを正し新酒の封を切る      田邨 雅美 

秋茜夕日に翅の触るる音         前田 啓子 

梛の実の砂利にまぎれて筒井筒       山川 瞳 

真直ぐの畝にまつすぐ大根蒔く        渡邉 杜 

身を軽くつかふ一日やつづれさせ        渡辺美紀子 

 



selected entries

archives

profile

書いた記事数:84 最後に更新した日:2017/05/27

search this site.

mobile

qrcode