かつやま抄−9月−山の会句会

山の会句会  (指導者 大西素之) 


選者吟             
梅雨籠るカラマーゾフの兄弟と   大西素之              

句 会             
芝居絵の誘ふ魔界土佐の夜        白羽照子             

爪切りて集め八月十五日         武知眞美             

返信の字は友ならずちちろ鳴く      西田礼子             

桃太郎踊り出さうな桃届く        三好忠士             

雲の峰母の味出ぬ塩梅酢         池田さち子             

ビルの端に火星かたむく熱帯夜      吉田百千草             

億年の音階となり滴れり         東 麗子             

蟻地獄梵鐘に日々太りゆき        大月西女             

異常高温庖丁切れぬまま使う       大野美代子             

図書館の隅が定席晩夏光         名本敦子            


かつやま抄−8月−『いつき組』紙上句会

俳句新聞『いつき組』紙上句会  (指導者 夏井いつき)


選者吟            
ひるがへる泉の底の砂あえか    夏井いつき             

句 会            
ろんろんと魁夷の青を噴く泉       理子            

泉汲む指は小舟のかたちして       中山月波            

闇へ息吐いて泉を去る獣         鞠月けい            

一羽とか一人とか来る泉かな       遊人            

ぬばたまの夜は鬼来て泣く泉       美杉しげり            

泉のことより始まれる祖父の遺書     桜井教人            

覗きこむ泉の中にある荒野        きさらぎ恋衣            

この泉だいだらぼっちの足のあと     村上無有            

キリンふと遠き泉の音を聴く       瑞木            

馬ゆるやかに顔しづめたる泉       だりあ           


かつやま抄−6月−青葉句会

青葉句会  (指導者 重信トシ子)  


選者吟           
暁や次第に寄りて蜆舟    重信トシ子            

句 会           
一枚の蒼天に立つ新樹かな         角田 弘子           

庭園の小さき流れや花菖蒲        上谷 幸子           

少女らのかひな眩しき更衣         川上 俊美           

紫陽花やパレットに溶く十二色      幸渕 芳美           

仇討の舞激しきや遠に雷           佐賀 博           

朝の青空六月の始まりぬ           佐々木真理           

咲き初むる睡蓮雨の中にかな       中島千恵美           

明け初めて青刈る音のしていたる     堀内ゆかり           

山よりの風は何いろ田水張る       松岡 秀子           

図書館の森に風きく春の蝉        矢野 文子          

行き先を問ふてもみたき花筏      弓矢登志子          

 


かつやま抄−5月−ささゆり句会

ささゆり句会  (指導者 宮内佐代美)  


選者吟           
夕櫻うしろ姿を師と紛ふ      宮内佐代美            

句 会           
湯之町を抜けて古刹や紅枝垂       土岐久米子           

飛花落花しばらく言葉失ひぬ       田畑温美           

吹く風の櫻を抜けてさくらいろ      相原眞佐子           

風ときに詠うてをりぬ花の晝       黒田順子           

ここ道後晴れてよき日や花愛でる     糸川信子           

來し方に一本の道花しだる        重崎光子           

百年のしだれ櫻よ面影よ         三好和江           

無風晴天發より花零れをり       東 勝子           

枝垂れつつ花は葉となり來世とは     福本ひろ子           

孤獨なりたつぷりと花見たるあと     兵頭ひろ子          

 


かつやま抄−4月−俳句新聞『いつき組』紙上句会

俳句新聞『いつき組』紙上句会  (指導者 夏井いつき) 


選者吟          
ぴりぴりと鹿ひりひりと繊る月   夏井いつき           

句 会          
鳴く鹿の黒曜石の眼の尖り        樫の木          

水を踏む雄鹿の影のふかみどり      剣持すな恵          

鹿啼きて夜空に銀を増やしたる      小野更紗          

鹿鳴くや野守の如き恋をして       恋衣          

鹿の眼の光消ゆれば雨の降る       小田寺登女          

鹿鳴けり月のやうに森のやうに      三重丸          

鹿はこんじき雨の鉄柵嗅いでゐる     美杉しげり          

海風に鹿なぶらるる神の島        一走人          

鳴く鹿に大和の夜の湿りをり       瑞木          

小牡鹿の四肢張りつめしまま斃る     とおと          

 


かつやま抄−3月−やまびこ句会

やまびこ句会    (指導者 藤田ひろむ)


選者吟         
遊行の地冬滴りに掌を浄む     藤田ひろむ          

句 会         
畑焼の匂ひ残れる札所径         吉田 眞澄         

立春の日差しを受けし完走者       内海トミコ         

旅行券コンサート券春兆す        菰田美佐子         

祈祷札はためく路地や鰆東風       後藤紀美子         

雪解水拡ごるチェーン着脱所       永江としこ         

神鈴に散る山茶花や山気満つ       林 美沙子         

夫命経本ぬらす春の雪          船田としこ         

龍太読む窓越しの雪たしかめつ      森  恵子         

 


かつやま抄−2月−卯月句会

松山渋柿会 卯月句会    (指導者 平本 故渕)


選者吟         
豊作を信じ笑顔の案山子かな     平本故渕          

句 会         
枡で買ふ峠の栗や二合半         黒田 耕風         

年寄ればこの街が好き秋晴るゝ      岡田 知二         

苔むせし桜古木や小鳥来る        前川 武史         

一徹の夫に寄り添ひ新酒酌む       岡田 幸燕         

子規漱石生誕記念柿の秋         森岡 布紗         

秋深し五指しなやかにショパン弾く    正岡佐伊女み         

新米の香りいたゞく夕餉かな        松本智代栄         

田の主に顔そっくりの案山子かな     仙波 智子         

故郷向くロシア兵墓野水仙        秋川 裕恵     

 

 


かつやま抄−1月−紅日句会

紅日句会     (指導者 川内 雄二) 


選者吟         
寒牡丹藁の褥に花散らす 川内雄二          

句 会         
寒泳の老師が水と一体に         久保田由布         

全面に罅の入りたる鏡餅         三好あさ子         

藁苞の藁芳しき寒牡丹          大坪 絢子         

ふるさとの掌ほどの雑煮餅        山本 敏子         

寒没日向ひの島に灯が点る        今西 愛子         

万の厄焼きて炎の一つなる        浅野あけみ         

投げ餅が吾に命中初子祭         鈴木とし子         

奥社天水桶に厚氷            西本里江子         

寒砂丘防風林は松ばかり         石田 哲雄     

バスの屋根越ゆ奥能登の波の花      大西 通尚    

泣き虫の妻笑ひたる春隣         加藤 敏史    

 


かつやま抄−12月−二の丸句会

「櫟」 二の丸句会     (指導者 江崎紀和子)


選者吟        
除夜の宮地べたに榾をくすぶらす  江崎紀和子        

句 会        
冬の日をこつんと返す山羊の角      杉山 望        

寒林に透けてひとすぢ瀧の水       井門 忠士        

きのふより爪伸びてをり冬ごもり     武田 正        

こがらしや象舎につかふ竹箒       赤穂 和子        

晩年の恋や穭に穂ののびて        池川 紀子        

冬榎おほきな瘤を抱へをり        和泉 厚子        

山茶花の白零しつつ暗くなる       出海 純子        

とんとんと踏んで終へたる畳替      金澤 浩子        

山眠る綺麗なままの原節子        中川 令    

京町家築百年の隙間風          室  達朗    

 


かつやま抄−11月−つはぶき句会

つはぶき句会       (指導者 渡邊孤鷲)


選者吟        
秋の蚊に一瞬の隙衝かれけり    渡邊 孤鷲        

句 会        
身に入むや妣の筆跡茶封筒        土居 貴美        

萩の道村の界の石標           鎌田サチ子        

掌の出刃の押し跡大南瓜         立花 慶三        

三伏を生き抜き古稀を迎へけり      久保田正一子        

すり鉢ややをら泡立つとろゝ汁      竜子 浩之        

秋の空船首高々進水す          藤本 隆文        

鮨と酒置きある卓や敬老日        山田 英樹        

穏やかや鵙鳴く里に居を構へ       野村 正良        

風抜くる寺の脇道女郎花         三好 公子    

 



selected entries

archives

profile

書いた記事数:98 最後に更新した日:2018/08/31

search this site.

mobile

qrcode