かつやま抄−11月−「渋柿」つはぶき句会

「渋柿」つはぶき句会   (指導者 渡邊孤鷲)  


選者吟              
落葉して精悍にあり野の大樹    渡邊 孤鷲               

句 会              
凍滝の流れ一筋残しけり         土居 貴美              

甲矢乙矢続く道場冬ざるゝ        鎌田サチ子              

肩寄せてつましき暮しや寒雀       立花 慶舟              

薄明やことり〱と芋車          細川 幸英              

弁当箱土産の木の実で満たしけり     久保田正一              

大皿を寒鰤のかまはみ出しぬ       竜子 浩之              

遍路笠解いて一会の雨やどり       藤本 隆文              

縄張って氏神山の年用意         山田 英樹              

穏やかや鵙鳴く里に居を構へ       野村 正良              

風抜くる寺の脇道女郎花         三好 公子            

島埠頭鉄鎖濡れゐる寒の雨        近藤 宗利            


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:100 最後に更新した日:2018/10/31

search this site.

mobile

qrcode