かつやま抄−12月−ささゆり句会

ささゆり句会   (指導者 宮内佐代美)

選者吟               
燦々と公孫樹黄葉や山氣滿つ    宮内佐代美                

句 会               
佛界に鐘の餘韻や黄葉照る        三好 和江               

法蓮華經大銀杏黄葉す          福本ひろ子               

水軍の祈りの地なり照紅葉        重崎光子               

秋麗やどの掌もやさし千手佛       東  勝子               

鳥瞰の風早郷や紅葉晴          相原眞佐子               

秋澄めりかつての戰の海なりし      土岐久米子               

石蕗咲いて海の靜かな日なりけり     兵頭ひろ子               

秋氣澄む森の眞中に椅子ひとつ      黒田順子               

捨てるかも知れぬ紅葉をまた拾ふ     田畑温美               

野路菊や一日歩きて陽が西に       糸川信子             


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:101 最後に更新した日:2018/12/05

search this site.

mobile

qrcode