かつやま抄−3月−山の木句会

山の木句会   (指導者 嶋屋都志郎)  

選者吟                 
老人に老人の欲梅の花       嶋屋都志郎                  

句 会                 
日の射せば庭に降り来て冬雀       石丸 徳子                 

待つものの何もなければ春を待つ     榎並 貞子                 

福詣帰りに拾ふよごれ猫         白石 浩輔                 

公園に四股踏む男春近し         高橋 草天                 

次の世へつづく約束冬の虹        武智 和美                 

早春の風を聞きをり城の門        二宮 玉恵                 

冬の海白く光りて峠道          浜屋  真                 

落葉踏む音一日の暮るる音        松本かつら                 

祖母の手と同じ皺の手春を待つ      渡部 節子                 

灯油買ふ冬の匂ひと思ひつつ       和田 節子             


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:109 最後に更新した日:2019/08/01

search this site.

mobile

qrcode