山の会-12月-

山の会 (指導者 大西 素之)       

選者吟                      
落鮎へ杭になるまで己消す        大西 素之                       

句 会                      
焼き締めてなほ玄冬の土の色        東  麗子                      

紅葉狩ともに行く人あればこそ       吉田百千草                      

漢方薬九十六番今朝の冬          武知 眞美                      

尼寺の茶の咲く垣に干す布巾        大月 西女                      

もの狂ひして碧落を櫨紅葉         三好 忠士                      

そぞろ寒猫じんわりと膝の上        白羽 照子                      

老いるとは胸に蜘蛛の巣眉間に皺      大野美代子                      

五合庵探しあぐねて初時雨         名本 敦子                      

水足して水琴窟に秋の声          沢田 美文                     

蟷螂枯れ動かざるなり貌も眼も       池田さち子                  


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:113 最後に更新した日:2019/11/28

search this site.

mobile

qrcode