かつやま抄−8月−山の会

山の会    (指導者 大西 素之)


百足這ふ脚一本も遊ばせず     大西 素之

かたつむり駒置くやうに置かれけり     西田 礼子

病名をいともあつさり冷奴         武知 眞美

空港が一日眠る夏の霧           大野美代子


鉄壁の自説崩さぬ扇かな          沢田 美文

蜻蛉生る川辺に時を留めおき        東  麗子

期限なき些事片付きてトマト捥ぐ      池田さち子

夏草や老いはじわりと兆すもの       吉田百千草

朝凪やひときは高き競りの声        岡田 武夫

谿深く来て釣人とほととぎす        土居 桂子



 

関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:117 最後に更新した日:2020/03/31

search this site.

mobile

qrcode