かつやま抄−9月−やまびこ句会(機

やまびこ句会(機 (指導者 藤田ひろむ)


蝉涼し慰霊法会に値遇の縁     藤田ひろむ

長柄鎌壁に凭せし野分あと         吉田 眞澄

一人囲碁蒸し枝豆の皮の山         井関 智造

雨あとの新涼にはか檜山径         井上 恵子


磯鴫の鳴きつ砂洲へと渡りけり       内海トミコ

空海展了へて極暑の空見上ぐ        鈴木ルリ子

ゆったりと車椅子押し青田道        仙波 公江

鎮魂を祈りて止まぬ蝉しぐれ        永江としこ

鎮魂を願ふ読経や涼新た          船田としこ

風のみちつくる門前草を刈る        松本 章見

ひまわりの剪りても残る陽の匂ひ      宮田 充子

関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:117 最後に更新した日:2020/03/31

search this site.

mobile

qrcode