かつやま抄−10月−卯月句会

卯月句会 (指導者 平本故渕)


先ず舌に乗せたる味や今年酒      平本故渕

移ろへる秋の彩どりたゆみなく       森岡 布紗

爽やかやターナー島の松の青        黒田 耕風

爽やかや藍の匂ひの伊予絣         矢野 勝三


赤とんぼ空に止まり木あるごとし      岡田 幸燕

高校俳句旗あぐ教師さはやかに       武知 恭二

人生に三つの坂や金木犀          正岡佐伊女

忘れ杖高野は白き秋の風          岡田 知二

木犀や琴の音添へて香り満つ        岡木 明久

焦げ色を夫婦で分かつ初さんま       四方 旬石

関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:117 最後に更新した日:2020/03/31

search this site.

mobile

qrcode