かつやま抄−12月−あららぎ句会

あららぎ句会    (指導者 有光 令子)


選者吟
海光のまつすぐに来る石蕗の花    有光 令子

句 会
山茶花のけさ一輪の紅の色         越智千代子

立冬や尖りはじめし木木の影        越智由紀子

冬深みゆく睡蓮の真むらさき        木原 圭子


紅葉且散る師の句碑のほとりなる      近藤ヤス子

宗達の墨画の余白冬に入る         下岡 順子

菊薫る受賞の夜の盃は           重信トシ子

試歩の歩の日毎確やお茶の花        田坂シズ子

大空にあるは未来や鳥渡る         丸山 英子

鳥渡る樹下に漢は本を読む         柚山つゆ子

隣より電話のかかる菊日和          佐々木真理

関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:117 最後に更新した日:2020/03/31

search this site.

mobile

qrcode