かつやま抄−1月−やまびこ句会 

やまびこ句会       (指導者 藤田ひろむ)



選者吟  
未盗掘石室秘めて山眠る      藤田ひろむ  

句 会  
年惜しむ日本最古の聖絵に        吉田 眞澄  

山茶花の散り敷くところ百度石      菰田みさこ  

十二月八日八十路の恙なし        井関 智造  

年用意神代杉の箸買ふも         井上 恵子  

年の瀬の爪に残りし烏賊の墨       内海トミコ  

お百度の札の揺れゐる年の暮       栗田 和子  

日の巡り黄葉明りの斎庭かな       永江としこ  

池の面にライトアップの冬紅葉      林 美沙子  

秋深む悲しみをもて受話器おき      宮田 充子  

髭つけしロボット生まる漱石忌      森 恵子 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:86 最後に更新した日:2017/07/31

search this site.

mobile

qrcode