かつやま抄−8月−あららぎ句会

あららぎ句会      (指導者 有光 令子) 


選者吟     
すれ違ふとき蟻と蟻立ち止まる   有光 令子     

句 会     
古文書の墨字涼しくありにけり      木原 圭子     

山中暗し蜩と水の音           重信トシ子     

日盛りの吾の影に寄る鯉の群       佐々木真理     

街角にジャズの流るる日の盛       幸渕 芳美     

向日葵のあちこち向くや反戦歌      青井 敏子     

妹は勝気まっかな夾竹桃         岡部 和代     

日盛りの町や茶房の片隅に        山口 敦子     

溶接の火花の青し日の盛         石原 宏子     

極海昏れて夾竹桃の白騒ぐ         井出 久子    

 

風に薔薇の香硝子戸を磨きゐる      丸山 英子     
 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:88 最後に更新した日:2017/09/30

search this site.

mobile

qrcode