かつやま抄−9月−山の木句会

山の木句会       (指導者 嶋屋都志郎)


選者吟      
翔つ構へしてまだ翔たず夏鴉        嶋屋都志郎      

句 会      
水蹴つて水に逆ふ水馬          青野 勝子      

風呂上り孫の残せしラムネ飲む      石丸 徳子      

半夏生屋根にかかりし長梯子       榎並 貞子      

法師蝉声の終りは祈りめき        佐伯 健二      

刈りとりし草の匂ひの中に墓       佐伯由美子      

若き日の磯の香りやかき氷        浜屋 真      

青梅を水に浸して子等遠し        松本かつら      

向日葵の花日が暮れて頭垂る       吉岡 英雄      

病院に夫待つてをり炎天下        渡部 節子    

 

胡瓜刻む音をほめられ昼御飯       和田 節子      
 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:90 最後に更新した日:2017/11/29

search this site.

mobile

qrcode