かつやま抄−10月−山の会句会

山の会句会       (指導者 大西素之) 


選者吟       
雁来月つゆくさ色の空深く    大西素之       

句 会       
籠城に似たるひとりの虫の夜       東  麗子       

魂のじわり溶けだす秋暑かな       沢田 美文       

まづ影の曲がり来る角耕衣の忌      武知 眞美       

まだ書かぬ書けぬ手紙やちちろ虫     西田 礼子       

風吹けば風を姿に秋ざくら        三好 忠士       

神島に今も深井戸水澄めり        名本 敦子       

小流れの石の白さよ鶫跳ね        吉田百千草       

自然薯擂るひざまづくこと老いてより   大野美代子       

鷺草の白極まりて風を呼ぶ        大月 西女    

 

酔芙蓉けさ一輪の白さかな        白羽 照子       
 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:90 最後に更新した日:2017/11/29

search this site.

mobile

qrcode