かつやま抄−11月−つはぶき句会

つはぶき句会       (指導者 渡邊孤鷲)


選者吟        
秋の蚊に一瞬の隙衝かれけり    渡邊 孤鷲        

句 会        
身に入むや妣の筆跡茶封筒        土居 貴美        

萩の道村の界の石標           鎌田サチ子        

掌の出刃の押し跡大南瓜         立花 慶三        

三伏を生き抜き古稀を迎へけり      久保田正一子        

すり鉢ややをら泡立つとろゝ汁      竜子 浩之        

秋の空船首高々進水す          藤本 隆文        

鮨と酒置きある卓や敬老日        山田 英樹        

穏やかや鵙鳴く里に居を構へ       野村 正良        

風抜くる寺の脇道女郎花         三好 公子    

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:89 最後に更新した日:2017/11/01

search this site.

mobile

qrcode