かつやま抄−12月−二の丸句会

「櫟」 二の丸句会     (指導者 江崎紀和子)


選者吟        
除夜の宮地べたに榾をくすぶらす  江崎紀和子        

句 会        
冬の日をこつんと返す山羊の角      杉山 望        

寒林に透けてひとすぢ瀧の水       井門 忠士        

きのふより爪伸びてをり冬ごもり     武田 正        

こがらしや象舎につかふ竹箒       赤穂 和子        

晩年の恋や穭に穂ののびて        池川 紀子        

冬榎おほきな瘤を抱へをり        和泉 厚子        

山茶花の白零しつつ暗くなる       出海 純子        

とんとんと踏んで終へたる畳替      金澤 浩子        

山眠る綺麗なままの原節子        中川 令    

京町家築百年の隙間風          室  達朗    

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:90 最後に更新した日:2017/11/29

search this site.

mobile

qrcode