かつやま抄−1月−紅日句会

紅日句会     (指導者 川内 雄二) 


選者吟         
寒牡丹藁の褥に花散らす 川内雄二          

句 会         
寒泳の老師が水と一体に         久保田由布         

全面に罅の入りたる鏡餅         三好あさ子         

藁苞の藁芳しき寒牡丹          大坪 絢子         

ふるさとの掌ほどの雑煮餅        山本 敏子         

寒没日向ひの島に灯が点る        今西 愛子         

万の厄焼きて炎の一つなる        浅野あけみ         

投げ餅が吾に命中初子祭         鈴木とし子         

奥社天水桶に厚氷            西本里江子         

寒砂丘防風林は松ばかり         石田 哲雄     

バスの屋根越ゆ奥能登の波の花      大西 通尚    

泣き虫の妻笑ひたる春隣         加藤 敏史    

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:100 最後に更新した日:2018/10/31

search this site.

mobile

qrcode