かつやま抄−2月−卯月句会

松山渋柿会 卯月句会    (指導者 平本 故渕)


選者吟         
豊作を信じ笑顔の案山子かな     平本故渕          

句 会         
枡で買ふ峠の栗や二合半         黒田 耕風         

年寄ればこの街が好き秋晴るゝ      岡田 知二         

苔むせし桜古木や小鳥来る        前川 武史         

一徹の夫に寄り添ひ新酒酌む       岡田 幸燕         

子規漱石生誕記念柿の秋         森岡 布紗         

秋深し五指しなやかにショパン弾く    正岡佐伊女み         

新米の香りいたゞく夕餉かな        松本智代栄         

田の主に顔そっくりの案山子かな     仙波 智子         

故郷向くロシア兵墓野水仙        秋川 裕恵     

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:101 最後に更新した日:2018/12/05

search this site.

mobile

qrcode