かつやま抄−4月−俳句新聞『いつき組』紙上句会

俳句新聞『いつき組』紙上句会  (指導者 夏井いつき) 


選者吟          
ぴりぴりと鹿ひりひりと繊る月   夏井いつき           

句 会          
鳴く鹿の黒曜石の眼の尖り        樫の木          

水を踏む雄鹿の影のふかみどり      剣持すな恵          

鹿啼きて夜空に銀を増やしたる      小野更紗          

鹿鳴くや野守の如き恋をして       恋衣          

鹿の眼の光消ゆれば雨の降る       小田寺登女          

鹿鳴けり月のやうに森のやうに      三重丸          

鹿はこんじき雨の鉄柵嗅いでゐる     美杉しげり          

海風に鹿なぶらるる神の島        一走人          

鳴く鹿に大和の夜の湿りをり       瑞木          

小牡鹿の四肢張りつめしまま斃る     とおと          

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:97 最後に更新した日:2018/07/27

search this site.

mobile

qrcode