かつやま抄−5月−ささゆり句会

ささゆり句会  (指導者 宮内佐代美)  


選者吟           
夕櫻うしろ姿を師と紛ふ      宮内佐代美            

句 会           
湯之町を抜けて古刹や紅枝垂       土岐久米子           

飛花落花しばらく言葉失ひぬ       田畑温美           

吹く風の櫻を抜けてさくらいろ      相原眞佐子           

風ときに詠うてをりぬ花の晝       黒田順子           

ここ道後晴れてよき日や花愛でる     糸川信子           

來し方に一本の道花しだる        重崎光子           

百年のしだれ櫻よ面影よ         三好和江           

無風晴天發より花零れをり       東 勝子           

枝垂れつつ花は葉となり來世とは     福本ひろ子           

孤獨なりたつぷりと花見たるあと     兵頭ひろ子          

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:96 最後に更新した日:2018/06/05

search this site.

mobile

qrcode