かつやま抄−6月−青葉句会

青葉句会  (指導者 重信トシ子)  


選者吟           
暁や次第に寄りて蜆舟    重信トシ子            

句 会           
一枚の蒼天に立つ新樹かな         角田 弘子           

庭園の小さき流れや花菖蒲        上谷 幸子           

少女らのかひな眩しき更衣         川上 俊美           

紫陽花やパレットに溶く十二色      幸渕 芳美           

仇討の舞激しきや遠に雷           佐賀 博           

朝の青空六月の始まりぬ           佐々木真理           

咲き初むる睡蓮雨の中にかな       中島千恵美           

明け初めて青刈る音のしていたる     堀内ゆかり           

山よりの風は何いろ田水張る       松岡 秀子           

図書館の森に風きく春の蝉        矢野 文子          

行き先を問ふてもみたき花筏      弓矢登志子          

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:97 最後に更新した日:2018/07/27

search this site.

mobile

qrcode