かつやま抄−8月−『いつき組』紙上句会

俳句新聞『いつき組』紙上句会  (指導者 夏井いつき)


選者吟            
ひるがへる泉の底の砂あえか    夏井いつき             

句 会            
ろんろんと魁夷の青を噴く泉       理子            

泉汲む指は小舟のかたちして       中山月波            

闇へ息吐いて泉を去る獣         鞠月けい            

一羽とか一人とか来る泉かな       遊人            

ぬばたまの夜は鬼来て泣く泉       美杉しげり            

泉のことより始まれる祖父の遺書     桜井教人            

覗きこむ泉の中にある荒野        きさらぎ恋衣            

この泉だいだらぼっちの足のあと     村上無有            

キリンふと遠き泉の音を聴く       瑞木            

馬ゆるやかに顔しづめたる泉       だりあ           


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:98 最後に更新した日:2018/08/31

search this site.

mobile

qrcode