かつやま抄−9月−山の会句会

山の会句会  (指導者 大西素之) 


選者吟             
梅雨籠るカラマーゾフの兄弟と   大西素之              

句 会             
芝居絵の誘ふ魔界土佐の夜        白羽照子             

爪切りて集め八月十五日         武知眞美             

返信の字は友ならずちちろ鳴く      西田礼子             

桃太郎踊り出さうな桃届く        三好忠士             

雲の峰母の味出ぬ塩梅酢         池田さち子             

ビルの端に火星かたむく熱帯夜      吉田百千草             

億年の音階となり滴れり         東 麗子             

蟻地獄梵鐘に日々太りゆき        大月西女             

異常高温庖丁切れぬまま使う       大野美代子             

図書館の隅が定席晩夏光         名本敦子            


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:98 最後に更新した日:2018/08/31

search this site.

mobile

qrcode