かつやま抄−10月−道後木蓮句会

 

道後木蓮句会  (指導者 江崎紀和子)  


選者吟              
神前の声をつつしみ新松子     江崎紀和子               

句 会              
白露や産院跡にケアハウス        橋本 法子              

和気比売の海平らなる素秋かな      相原美由紀              

昼酒のほどよく効いて秋祭        和泉 厚子              

子を連れてバス待つ人に初しぐれ     井田平八郎              

栗剥いて今日の約束忘れけり       坂本 公子              

田じまひの煙くゆらす峡暮し       前田美津子              

松手入庭に静かな音足せり        松本 麗              

水脈曲げて入港の船天高し        室  達朗              

小望月あげて陸上競技場         行本奈智子              

テールランプ連なる釣瓶落しかな     吉岡 仁美            

椅子引けば椅子に音あり秋の夜      渡辺美紀子            


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

profile

書いた記事数:99 最後に更新した日:2018/10/01

search this site.

mobile

qrcode