かつやま抄−9月−櫟きら句会

櫟きら句会(指導者 江崎紀和子) 




選者吟 
こほろぎや念仏講は車座に       江崎紀和子 

句 会 
秋冷の水りんりんと流れけり      出海 純子 

星月夜父の机に肘ついて       宇治 悦子 

子の髪のふはりと揺るる秋の風     大西扶貴子 

水切りの石するすると鰯雲       寒川 洋子 

亡き母もそのまた母も秋刀魚焼き    曽我部恵子 

居住まひを正し新酒の封を切る      田邨 雅美 

秋茜夕日に翅の触るる音         前田 啓子 

梛の実の砂利にまぎれて筒井筒       山川 瞳 

真直ぐの畝にまつすぐ大根蒔く        渡邉 杜 

身を軽くつかふ一日やつづれさせ        渡辺美紀子 

 


かつやま抄−8月−槻の会

槻の会(指導者 藤田ひろむ)



選者吟
悠久の色もと散華古代蓮  藤田ひろむ

句 会
六間の風待月の細格子        栗田 和子

搦手に監視カメラや青葉騒      草地たみこ

瀬音涼し有機野菜の育つ村      井上 恵子


光背に螢火さして不動尊 大西 猛

パンフレット石もて押さふ走り梅雨     菰田美佐子

花栗の匂ふやここらほまち畑        白石 房子

淡黄磁観音像の涼しさよ      宮本 里枝

夏椿つぼみまんまる明日の白        松本 章見

卯波寄す浜に昨日の摺練あと       鈴木ルリ子

静寂なる寺領自在に蜷の道         中野八千代

薔薇育て薔薇と暮して自適なほ         好川てる美


かつやま抄−7月−あららぎ句会

あららぎ句会 (指導者 有光令子)



選者吟
しづかに坐しぬしづかに沙羅の風ありぬ  有光 令子

句 会
茶室へと風の道あり花菖蒲        越智由紀子

濡れてをり肩の高さの沙羅の花      木原 圭子

絵の中のタンゴ踏む靴夏立ちぬ      幸渕 芳美


蒼穹や名残の朴の一花なる 近藤ヤス子

子ら遠し汲みし新茶のうすみどり     佐々木真理

湿原の徐徐に暮れゆく時鳥        重信トシ子

無造作に置かれてありし余り苗      田坂シズ子

青柿や心はいつも前向きに        八木 昌子

悔ゆる日や君影草の白に寄る       矢野 絹子

陵へ草の靡ける青野かな         柚山つゆ子

 


かつやま抄−6月−ささゆり句会

ささゆり句会(指導者 宮内佐代美)




選者吟
萬僂箋平綽爾船戻る       宮内佐代美

句 会
風まみどりや芭蕉來て一茶來て      首藤千鶴子

海鳴りは挽歌なりけり若葉冷       重崎 光子

髪切つてまみどりの風身にまとふ     糸川 信子


海鳴りの遠く響ける薄暑かな       田畑 温美

眞つ直ぐにクレーン伸びる首夏の空    河東由美子

竹皮を脱ぐ私も一歩踏み出さう      桐山 洋子

山麓の觀月庵や菖蒲葺く         三好 和江

藩政の名殘の井戸や風みどり       相原眞佐子

舊道の旗屋醤油屋夏きざす        土岐久米子

漱石も降りし驛舎や山法師        福本ひろ子

 

かつやま抄−5月−山の木句会

山の木句会 (指導者 嶋屋都志郎)




選者吟
野仏の頭の上の朴の花       嶋屋都志郎

句 会
心中に悪魔と天使薔薇にほふ       青野 勝子

石屋石みがきてをりぬ夏兆す       嶋屋 房子

開きたる妹が手にあり桜貝        高橋 草天


限りある時の減りゆく花樗        武智 和美

田の匂ひ雨の匂ひや明易し        二宮 玉恵

雨に散り風にかをりて桃の花       浜屋  真

豌豆のかをり漂ふ夕餉かな        吉岡 英雄

咲きて散り散りては咲きぬ海紅豆     渡部 節子

母のゐて皮脱ぐ竹の音静か        和田 節子

音楽室の窓より唱歌五月来る       松本かつら

 

かつやま抄−4月−やまびこ句会

やまびこ句会 (指導者 藤田ひろむ)




選者吟
小綬鶏の谺呼ぶこゑ皇子懐ふ    藤田ひろむ

句 会
鳥帰る仰ぐ心に相聞歌          井上 恵子

比翼塚辿る界隈初音かな         井関 智造

今はもう安ら彼岸の比翼塚        内海トミコ


山釿の花の待たるる比翼塚        栗田 和子

啓蟄や崩るるままに築地塀        菰田みさこ

旧家守る崩れ土塀に落椿         竹田 庄子

姫池に鶯のこゑ澄み渡る         永江としこ

捨畑を斜めに横切る春帽子        宮田 充子

亀鳴くや悲恋の池の萌黄色        森  恵子

塚守りし御能畠や別れ霜         吉田 眞澄

 

かつやま抄−3月−春秋大洲句会

春秋大洲句会 (指導者 酒井 絹子)


選者吟
頤を引きて歩きぬ春浅し      酒井絹子

句 会
靴紐を結び直せば黄たんぽぽ       宮元ちず子

目も鼻も失せし地蔵や土手青む      大野 千恵

蹲踞に春の空あり熱下る         兵頭クニ子


春の露色とりどりに輝けり        浦本タケ子

三十年来の付合梅かほる         寺岡 和代

雨の日も律律しき梅の木でありぬ     宮部冨佐子

木が匂ひ土が匂ひぬ春立つ日       長谷 孝子

春楡に芽吹のきざし昼の雨        森本 節子

名残雪林の奥は日の射して        谷本 京子

七曜のはじまりは雨椿咲く        二宮千恵子

 

かつやま抄−2月−天狼 いつき組紙上句会

いつき組紙上句会「雪の座」 (指導者 夏井いつき)


選者吟
音といふおと雪となるしづかな音       夏井いつき

句 会
黒髪に許されてまだ雪でいる        鞠月

臥す母の雪のにほひのするといふ      凡鑚

レース後の呼吸整ふる馬へ雪        桜井教人


雪の影ばかりなりけり雪の底        大塚迷路

山祇の針吹く如き雪を浴ぶ         中原久遠

突き通す傘の穴雪つて碧い         ヤッチー

雪片を次々逃がす大樹かな         希望峰

結び目に雪すぐとけてしまふ雪       るびい

雪降ると木箱のワイン鳴りにけり      朗善

新宿に玻璃の断崖雪が降る         雪うさぎ

 

かつやま抄−1月−天狼 紅日俳句会

天狼 紅日俳句会  (指導者 川内 雄二)


選者吟
天空の城石垣に蔦紅葉       川内 雄二

句 会
手つかずの紅絶壁の櫨紅葉         久保田由布

百磴の上に本堂紅葉寺           三好あさ子

天空の城へ踏みゆく深紅葉         大坪 絢子


紅葉山囲む城跡松が立つ          今西 愛子

名も知らぬ鳥の声佳し紅葉狩        浅野あけみ

オリオンの盾を掠めて星流る        石田 哲雄

水軍の根城の跡に木の実降る        大西 通尚

東雲宮清めし庭に落葉降る         加藤 敏史

牡丹供養大蝋燭の尽きるまで        定岡あゆみ

阿弥陀仏桜紅葉を光背に          鈴木とし子

脱藩の道に葉のみの曼珠沙華        西本里江子

かつやま抄−12月−あららぎ句会

あららぎ句会    (指導者 有光 令子)


選者吟
海光のまつすぐに来る石蕗の花    有光 令子

句 会
山茶花のけさ一輪の紅の色         越智千代子

立冬や尖りはじめし木木の影        越智由紀子

冬深みゆく睡蓮の真むらさき        木原 圭子


紅葉且散る師の句碑のほとりなる      近藤ヤス子

宗達の墨画の余白冬に入る         下岡 順子

菊薫る受賞の夜の盃は           重信トシ子

試歩の歩の日毎確やお茶の花        田坂シズ子

大空にあるは未来や鳥渡る         丸山 英子

鳥渡る樹下に漢は本を読む         柚山つゆ子

隣より電話のかかる菊日和          佐々木真理


selected entries

archives

profile

書いた記事数:105 最後に更新した日:2019/04/03

search this site.

mobile

qrcode