かつやま抄−10月−卯月句会

卯月句会 (指導者 平本故渕)


先ず舌に乗せたる味や今年酒      平本故渕

移ろへる秋の彩どりたゆみなく       森岡 布紗

爽やかやターナー島の松の青        黒田 耕風

爽やかや藍の匂ひの伊予絣         矢野 勝三


赤とんぼ空に止まり木あるごとし      岡田 幸燕

高校俳句旗あぐ教師さはやかに       武知 恭二

人生に三つの坂や金木犀          正岡佐伊女

忘れ杖高野は白き秋の風          岡田 知二

木犀や琴の音添へて香り満つ        岡木 明久

焦げ色を夫婦で分かつ初さんま       四方 旬石

かつやま抄−9月−やまびこ句会(機

やまびこ句会(機 (指導者 藤田ひろむ)


蝉涼し慰霊法会に値遇の縁     藤田ひろむ

長柄鎌壁に凭せし野分あと         吉田 眞澄

一人囲碁蒸し枝豆の皮の山         井関 智造

雨あとの新涼にはか檜山径         井上 恵子


磯鴫の鳴きつ砂洲へと渡りけり       内海トミコ

空海展了へて極暑の空見上ぐ        鈴木ルリ子

ゆったりと車椅子押し青田道        仙波 公江

鎮魂を祈りて止まぬ蝉しぐれ        永江としこ

鎮魂を願ふ読経や涼新た          船田としこ

風のみちつくる門前草を刈る        松本 章見

ひまわりの剪りても残る陽の匂ひ      宮田 充子

かつやま抄−8月−山の会

山の会    (指導者 大西 素之)


百足這ふ脚一本も遊ばせず     大西 素之

かたつむり駒置くやうに置かれけり     西田 礼子

病名をいともあつさり冷奴         武知 眞美

空港が一日眠る夏の霧           大野美代子


鉄壁の自説崩さぬ扇かな          沢田 美文

蜻蛉生る川辺に時を留めおき        東  麗子

期限なき些事片付きてトマト捥ぐ      池田さち子

夏草や老いはじわりと兆すもの       吉田百千草

朝凪やひときは高き競りの声        岡田 武夫

谿深く来て釣人とほととぎす        土居 桂子



 

かつやま抄−7月−結社「花」サルビア句会

結社「花」サルビア句会    (指導者 有光 令子)


山動かざり沛然と夏の雨       有光 令子

青葉して白楽天の舞の袖          佐賀 博

青葉光母となる子と連れ立ちて       青木由美子

時忘れひとり佇むみどりの夜        角田 弘子


百合の花愛でて一日の始まりぬ       上谷 幸子

そり返る城の石垣夏旺ん          河村 裕子

山荘は標高二千明易し           幸渕 芳美

くれないの薔薇やハイネの恋の詩      佐々木真理

睡蓮の動かぬ花を見てをりぬ        武田 淳子

修験者の問答続く若葉風          永井タツ子

手に触るる水やはらかし額の花       弓矢登志子

 

かつやま抄−6月− やまびこ句会 

やまびこ句会 (指導者 藤田ひろむ)


花は葉に陶板の詩は赤壁賦     藤田ひろむ

茶の芽五葉すでに耀ふ山日和        相原喜美栄

洋墓のデザイン思案夏近し         相原 誠則

揚雲雀空飛ぶドローン戒めり        井関 智造


住職は保護司兼ねたり五月来ぬ       井上 恵子

峡三戸守りては桐の花明り         後藤紀美子

葱坊主園児の如く並びけり         仙波 公江

合掌仏足下にすいと水澄          鈴木ルリ子

朝夕に一枚羽織る苗代寒          船田としこ

葱植うる畑に未だ立つ葱坊主        松本 章見

雀来る雀隠れの国有地           吉田 眞澄

 

かつやま抄−5月− 松山渋柿会 卯月句会 

松山渋柿会 卯月句会 (指導者 平本 故渕)


春寒し口紅うすき寡黙人       平本 故渕

もの寂し鹿鳴く島の余寒かな        森岡 布紗

紅梅や石塀高き浜の家           矢野 勝三

大小の尻並びたる汐干かな         黒田 耕風


羽衣のごとく羽織るや春ショール      正岡佐衣女

余寒なほ黄泉へ旅立つ友のあり       岡田 幸燕

誰を待つ首長うして春大根         武知 恭二

立春や夫婦で歩む社道           四方 旬石

子育ても終りし鳥や雲に入る        岡本 明久

寒明けの朝日燦々窓磨く          清岡伊都子

影にさへつまづく齢二月来る        岡田 知二

 

かつやま抄−4月− 山の句会

山の句会 (指導者 大西 素之)


千年の半跏を解かず春の雪      大西 素之

霾や父の好みし駱駝シャツ         西田 礼子

不器用は強さのひとつ残り鴨        吉田百千草

水よりも光集めて雪解川          沢田 美文


このあたりに住まひいたすか孕み猫     名本 敦子

白梅や後ろ手に父遠ざかる         武知 眞美

チェリストの調律長し木の芽雨       池田さち子

没落の一部始終を享保雛          土居 桂子

紙漉いて漉いて育てし力瘤         宮中 敏子

薄氷の流るるやうに人の逝く        大野美代子

春はあけぼの縄文土器に火の匂ひ      堀元 美恵

 

かつやま抄−3月− 春秋 大洲句会

春秋 大洲句会 (指導者 酒井 絹子)

灯を消して部屋の水仙香り来る    酒井 絹子

早春の一灯揺らぐ佐田岬          古岡 和子

菜の花や段々畑埋め尽す          土井美恵子

まだ固き桜の蕾小学校           二宮千恵子


いつも飲む薬一粒春浅し          長谷 孝子

山茱萸の花芽のぽちと今朝の庭       河野 朋子

仕切りせぬ四人病室日脚伸ぶ        大野 千恵

神南備を越えてくる風二月来る       寺岡 和代

一年梅組二十八名梅開く          藤澤 路子

桜餅供へて愚痴をこぼしをり        中田 啓子

芹の水はらから遠くなりにけり       森本 節子

 

かつやま抄−2月− ささゆり句会 

ささゆり句会 (指導者 宮内佐代美)

文質彬々寒梅にして白し       宮内佐代美

初春や長者ヶ平より登城せり        相原眞佐子

石垣の刻印寒に入りにけり         首藤千鶴子

天守まで歩かう早梅見たいから       福本ひろ子


穏やかに雲流れ行く七日かな        河東由美子

老松の胸張つて立つ太郎月         重崎 光子

冬の梅時の流れの中にかな         糸川 信子

老松の走り根隆と淑氣滿つ         三好 和江

抽斗の多き小箪笥日脚伸ぶ         黒田 順子

大火鉢一人ひとりと子ら巢立ち       桐山 洋子

井戸端に無花果の木や冬暖か        谷口恵美子

 

かつやま抄−1月− 結社「花」あららぎ句会 

結社「花」あららぎ句会 (指導者 有光令子 )

ひむがし明くるぴしぴしと冬木の芽  有光 令子

絵心経冬の白蝶来てをりぬ         越智千代子

遠き日やむらさき深き通草の実       坂本 靖子

朝寒や地に鳴く鳥の尾を高く        佐々木真理


灯を消して月の光のその中に        重信トシ子

立冬の日ざし紅茶にばらのジャム      下岡 順子

軍服の遺影が二つ冬座敷          田坂シズ子

子規鳴雪在す御寺や小鳥くる        長岡 静子

一片の汚れもあらず冬の空         弓矢登志子

一声を放つ一鳥そぞろ寒          柚山つゆ子



 


selected entries

archives

profile

書いた記事数:94 最後に更新した日:2018/04/02

search this site.

mobile

qrcode