かつやま抄−4月− 柿 潮見平田句会 

柿 潮見平田句会 ( 指導者 吉武宗史)

太陽となりて花壇の金盞花      吉武宗史

アネモネのもつとも風を受けてをり     野間須幾久枝

卒業へ正門広く開きけり          竹田 香代

トンネルの入口出口陽炎へる        仙波セツ子

あたたかき夜風や庭の石ぬれて       大内  緑

誰にでも尻尾ふる犬いぬふぐり       坪内 幸子

杖曳くも歩く幸せ花の中          大内 保子

天辺に無数に咲きし椿かな         白石ツナ子

峠越え鄙びし村の山桜           井上 暎子

うぐひすの変哲もなし鳴かぬ時       大本千恵子

本買うてもどる近道紫木蓮         和田ちづ子

 

かつやま抄−3月− やまびこ句会

やまびこ句会     ( 指導者 藤田ひろむ )

磐境の曾て山繭やどりし木      藤田ひろむ

冴返る独りの杖の音もなほ         吉田 眞澄

大寒や荒石の秘む発破音          相原喜美栄

石積みの梯子揺らすや椿東風        相原 誠則

天辺の棚田暮しや炭を焼く         井上 恵子

金纓梅の先づ咲きはじむ父祖の山      後藤紀美子

短日の古新聞を先づ括る          仙波 公江

虚子筆塚ほのと紅置く寒椿         林 美沙子

水の音言葉少なき紙漉女          日野 和美

書き出しの決まらぬ文や春炬燵       宮田 充子

東雲や堰を越えゆく初鴉          森 恵 子

 

かつやま抄−2月− 松山渋柿会 大街道・卯月句会 

松山渋柿会 大街道・卯月句会 ( 指導者 平本故渕 )

内戦の他国は悲し去年今年     平本 故渕

穏やかに明け中吉の初神籤         黒田 耕風

 一病に一病加へ寒に入る          矢野 勝三

嫁が君世の中斜に構へをり         正岡佐衣女

機音のリズム乱れし寒の入り        森岡 布紗

背くらべ孫に越されし初鏡         小倉 博堂

独りゐることの安らぎ白障子        岡田 幸燕

肩馬の孫手を合す初詣           四方 旬石

初詣一期一会の御籤ひく          岡田 知二


 

かつやま抄−1月− サルビア句会

結社「花」 サルビア句会 ( 指導者 有光令子 )

人呼びて吾がこゑの透く冬木立    有光 令子

杜鵑草素直に過ごす日のありて       稲田 幸

いわし雲手を上げて待つ渡舟        梅田 禮子

朝寒の山に響きて鳥の声          佐々木真理

寿命てふ不思議を生きて吾亦紅       重信トシ子

冬晴や智恵子の空の青と思ふ        関谷 睦美

偽らず己うつせる初鏡           高柳とよ子

相槌を打つだけ母の日向ぼこ        松岡 秀子

長屋門閉ざされてゐる木守柿        永井タツ子

追憶の祖母と石榴と夕茜          弓矢登志子

舞ひ出づる般若の面の息白し        佐賀 博

 

かつやま抄−12月− ささゆり句会

ささゆり句会 ( 指導者 宮内佐代美 )

淋しめば林中なれば霧のこゑ    宮内佐代美

花へんろ三番札所冬紅葉          首藤千鶴子

雪厂の山號額や霧しぐれ          谷口恵美子

山中の霧深ければ千手杉          相原眞佐子

神在す霧の中なる千手杉          河東由美子

呼ぶ聲の届かず霧の深ければ        桐山 洋子

霧冷の森に息づく命かな          重崎 光子

霧の中菩薩のごとく千手杉         三好 和江

源流はいと細き水澄めりけり        遠藤智恵子

さくら冬芽辛夷冬芽や歩かうよ       福本ひろ子

黄葉してメタセコイヤのなほ眞直ぐ     糸川 信子

 

かつやま抄−11月− 渋柿 つはぶき句会

渋柿 つはぶき句会   ( 指導者 渡邊 孤鷲 )

選者吟
揺れ止まるコスモスに時止まりけり    渡邊 孤鷲

笊盛りの栗や媼の小商ヒ          矢野 岳照

萩の花咲き初む山路辿りけり        土居 貴美

(寶巌寺焼失)
焼けこげの竹や銀杏や一遍        鎌田 サチ子

爆ぜ時の刹那を見たり鳳仙花        細川 幸英

燎原を火焔とも這ふ曼珠沙華        立花 慶三

葛詠ふ不器男の遠き故郷かな        久保田正一

弟と手向く煙草や墓参り          竜子 浩之

毬栗を添へ古里の宅急便          藤本 隆文

初秋刀魚焼きあり妻の置手紙        近藤 宗利




 

かつやま抄−10月− 春秋 大洲句会

 春秋 大洲句会   (指導者 酒井 絹子)

束になって川風の来る青胡桃    酒井 絹子

水匂ひ草の匂ひて夕つばめ         寺岡 和代

星涼し夜空は風に洗はれて         木村きくみ

左手に硬貨一枚夜店の灯          土井美恵子

ボーイッシュなヘアスタイルの帰省客    兵頭くに子

行儀よく箱に並びて桃届く         冨永 典子

夾竹桃の続く道なり海匂ふ         古岡 和子

受付は無人真紅の薔薇二本         谷本 京子

雨来るか崩れだしたる雲の峰        森本 節子

家庭教師をせし夏館古りにけり       大野 ちえ

向日葵やいつものところポケ坐り      宮元ちず子


かつやま抄−9月− 天狼 紅日句会 

天狼 紅日句会   (指導者 三好 曲)

あるだけの蕊拡げたる曼珠沙華    三好 曲

曼珠沙華虚空を風が渡るなり        久保田由布

道をしへもと来た道へ引き返す       川内 雄二

秋遍路太平洋に日が沈む          浅野あけみ

台風に注連縄切れし夫婦岩         石田 哲雄

秋落暉白灯台に灯が点る          今西 愛子

三角の棚田に赤き蕎麦の花         大西 通尚

比翼塚蜩の声澄み渡る           大西未江子

騎馬戦の勝者引き揚ぐ騎乗して       越智 敬章

高原が揺れゐるごとし白芒         川滝とも子

閉鉱山みんみんの声樹間より        定岡あゆみ


八月の句会 愛光学園俳句部

網戸から遠隔の地へ足を出す        高一 武井 雅司

手の中の目高の水が減っていく       高一 平田 彩乃

初夏やクリーニングのタグ覗く       
高一 高橋 優斗

虫の羽網戸の溝に透き通る         
高一 神尾 英里

眠り姫目高の音に目を覚ます
        高一 石丸 雄大

からっぽのうわさ話や雨蛙         中一 中井 望賀


床の上に子規は食ふ寝るきりぎりす     顧問 佐藤 昭子

したたかに天を迎える蓮の葉よ       顧問 門屋 奈穂子


かつやま抄−7月− やまびこ句会義

やまびこ句会義函  ( 指導者 藤田ひろむ)

風青し一打一音サヌカイト       藤田ひろむ

眼の前に父の絵のある夏座敷        長谷川雅男

静かなる真昼の瀬音螢待つ         相原喜美栄

弘法の網掛石に蟇             井関 智造

馬頭さま拝し茅花の峠越ゆ         井上 恵子

石工場に石の音色や夏つばめ        内海トミコ

字榎土佐街道に青嵐            菰田美佐子

木石のいづれも墓や時鳥          栗田 和子

馬頭さま祀る里山著莪の花         鈴木ルリ子

葉隠れに睡蓮一花大師堂          永江としこ

持経観音先代作や螢宿           松本 章見



selected entries

archives

profile

書いた記事数:86 最後に更新した日:2017/07/31

search this site.

mobile

qrcode