かつやま抄−12月− 天狼 紅日句会

天狼 紅日句会 (指導者 三好 曲 )

下り簗崩れし所水走る        三好 曲

冬ざれの河原石ころばかりなり       久保田由布

流れゆく水に落ちたる草の絮        川内 雄二

総身に冬日遍し涅槃像           三好あさ子


吊し柿丸く小さく乾きたる          大坪 絢子

小春日和瞼ふっくら寝釈迦仏        浅野あけみ

日を浴びて墓所の一角破芭蕉        今西 愛子

石手川中洲の一群草紅葉          加藤 敏史

吊橋の揺れ綿虫を見失ふ          定岡あゆみ

高昌寺孝子桜が紅葉せる          鈴木とし子

せせらぎに芥もくたの下り簗        西本里江子

 

かつやま抄−11月− つはぶき句会

つはぶき句会 (指導者 渡邊孤鷲)

熱燗を乾し上燗を乞ひにけり     渡邊 孤鷲

その一つに箸の穴あり蒸し藷        矢野 岳照

名月の翳を落すや虫籠窓          井上 恵子

精米所ふくら雀を遊ばしぬ         鎌田サチ子


(境港)てら〱と妖怪像や夕時雨       細川 幸秀

各紅葉移ろふまゝの飾り窓         久保田正一

遠き日を偲ぶ一粒冬苺           立花 慶三

鰤照りや俎板皿の分厚き身         竜子 浩之

寒柝の音を間遠に長湯かな         藤本 隆文

冬の日や白波洗ふ瀬戸の島         山田 英樹



 

かつやま抄−10月− やまびこ句会

やまびこ句会 (指導者 藤田ひろむ)

露草の凛と伝ふる古窯址       藤田ひろむ

鵙高音島に給水記念の碑          吉田 眞澄

名月の翳を落すや虫籠窓          井上 恵子

涼新た寺門へつづく摩尼車         内海トミコ


煤竹の籠編み進め月を待つ         栗田 和子

月代や中洲に置ける椅子四つ        菰田美佐子

露草の露まで碧し菩提坂          後藤紀美子

蜻蛉の翅の影まで水に映ゆ         永江としこ

避難路を照らしてをりぬ今日の月      松本 章見

お屋敷の玄関までの萩の道         宮田 充子

子規句碑に神に鈴の音爽やかに       森  恵子

 

かつやま抄−9月− 山の木句会 

山の木句会 (指導者 嶋屋都志郎)

若者の抜手夕日が沖にあり    嶋屋都志郎

来年も生きるつもりの種を採る       青野 勝子

浴衣着る青年青臭い匂い          マーペー

雨風にたへて傾く百合の花         浅尾 節子

片蔭といふもののなし帰り道        石丸 徳子

水光り石も光りぬ日の盛り         井上 潤一

雀ちゅんちゅん釣鐘草は横を向き      榎並 貞子

知らぬふりするも労り酔芙蓉        佐伯 健二

横綱の負けし一番大西日          佐伯由美子

終戦日カレーライスにソースかけ      佐藤 璋

吾が背より高きに咲きて百合の花      吉岡 英雄

過ぎ行くを人は待つだけ霹靂神       渡部 節子
 

かつやま抄−8月− いつき組句会 

いつき組句会 (指導者 夏井いつき)

肩口に写楽の顔のある浴衣     夏井いつき

弟の弱虫の手を引く浴衣          鞠 月

浴衣着る青年青臭い匂い          マーペー

翻る浴衣の裾や中華街           理 酔

下心ぬらぬら浴衣張り付きぬ        てんきゅう

遅れ来る浴衣たつぷり風孕み        亜桜みかり

浜辺にて星を身に浴ぶ藍浴衣        なぎさ

太鼓撥投げ捨て浴衣より諸肌        日暮屋

破廉恥と言はれ浴衣の裾おろす       あねご

初浴衣恋も知らない歩けない        ともぞう

浴衣脱ぎ捨て大砂嵐なる力士        大五郎
 
(「俳句甲子園」実行委員会副委員長)

かつやま抄−7月− あららぎ句会 

あららぎ句会 (指導者 有光 令子)

ほとけふくよか紅萩の走り咲く    有光 令子

歳月のたしかに巡り枇杷熟るる       青井 敏子

万緑の中ふるさとは米どころ        越智千代子

梅雨の蝶古刹は深き黙の中         越智由紀子

束の間の梅雨半月や真夜なりし       重信トシ子

埋れ木の四千年や梅雨深む         下岡 順子

小流れの奏でそめたる梅雨入かな      白石 圭子

自己主張してあかあかと蛇苺        田坂シズ子

河鹿鳴くこの道平氏落ちゆきし       高橋 桂子

四阿に風自在なり夏燕           長岡 静子

紫陽花の谷に流るる風のいろ        八木 昌子

 

かつやま抄−6月− 春秋 山の木句会

春秋 山の木句会 ( 指導者 嶋屋都志郎)

昨日より少しぬくくて早起きす    嶋屋都志郎

父子草抜き母子草抜かずおく        青野 勝子

たんぽぽに触れていたづら心かな      榎並 貞子

死ぬといふこと忘れをり山帽子       佐伯 健二

誰もみな用のあるらし街薄暑        佐伯由美子

夏きたる日本丸の白き帆に         佐藤 璋

憲法記念日町のはづれの大欅        武智 和美

大空をひつくり返し夏燕          高橋 草天

柏餅買つて来いよと夫の声         二宮 玉恵

波寄せて返す砂浜あたたかし        松本かつら

まだ母の在るといふこと花は葉に      和田 節子



 

かつやま抄−5月− 山の会句会

山の会句会 ( 指導者 大西素之)

初蝶や風に瀬もあり堰もあり     大西 素之

翡翠の彩射止めたる双眼鏡         西田 礼子

風が寄せ水が結びて花筏          宮中 敏子

照り降りに弄ばれて花の客         名本 敦子

名残花前へ前へと鳩の首          土居 桂子

能面の奥の素顔や花の冷え         安永 和子

終楽章あとの沈黙鳥交む          吉田百千草

残る花老いゆくことを諾へり        沢田 美文

流れ来て堰に解かるる花筏         池田さち子

珈琲といふ選択もよし花の雨        東  麗子



 

かつやま抄−4月− 柿 潮見平田句会 

柿 潮見平田句会 ( 指導者 吉武宗史)

太陽となりて花壇の金盞花      吉武宗史

アネモネのもつとも風を受けてをり     野間須幾久枝

卒業へ正門広く開きけり          竹田 香代

トンネルの入口出口陽炎へる        仙波セツ子

あたたかき夜風や庭の石ぬれて       大内  緑

誰にでも尻尾ふる犬いぬふぐり       坪内 幸子

杖曳くも歩く幸せ花の中          大内 保子

天辺に無数に咲きし椿かな         白石ツナ子

峠越え鄙びし村の山桜           井上 暎子

うぐひすの変哲もなし鳴かぬ時       大本千恵子

本買うてもどる近道紫木蓮         和田ちづ子

 

かつやま抄−3月− やまびこ句会

やまびこ句会     ( 指導者 藤田ひろむ )

磐境の曾て山繭やどりし木      藤田ひろむ

冴返る独りの杖の音もなほ         吉田 眞澄

大寒や荒石の秘む発破音          相原喜美栄

石積みの梯子揺らすや椿東風        相原 誠則

天辺の棚田暮しや炭を焼く         井上 恵子

金纓梅の先づ咲きはじむ父祖の山      後藤紀美子

短日の古新聞を先づ括る          仙波 公江

虚子筆塚ほのと紅置く寒椿         林 美沙子

水の音言葉少なき紙漉女          日野 和美

書き出しの決まらぬ文や春炬燵       宮田 充子

東雲や堰を越えゆく初鴉          森 恵 子

 


selected entries

archives

profile

書いた記事数:94 最後に更新した日:2018/04/02

search this site.

mobile

qrcode