かつやま抄−2月− 南風松山支部句会  

南風松山支部句会      ( 指導者 岩渕香城)

梅が香や水のこごゑの渚より    岩渕 香城

梅三分日射しを探る枝の先       高市 光子

屑入れの反古ひらく音風邪三日     三津田スミ子

捕らば捕れ嬰こ抱き上ぐ春の月     只木  都

赤ん坊は目覚めて泣いてクロッカス   濱田 澄子

松一樹しんと濡れゐて冬に入る     鈴木 郁子

春浅き水を渡りて鷺一羽        山田 美香

三日月の反り返りたる余寒かな     小笠原真紀

春日傘といふやはらかき影生れ     武内 欣子

春昼や薬缶がひとり声を出す      山下 博子

あめんぼに早春の水とどまらず     山田芙実香


かつやま抄−1月− ななくさ句会 

 ななくさ句会  ( 指導者 藤田 ひろむ )

舫ひ杭一本砂洲にお講凪     藤田 ひろむ

梅古木一葉を残し冬に入る       池内 恵美子

源流の村の七草出荷どき        井上  恵子

枯野道馬頭観音供華絶えず       内海 トミコ

走り根に啄む鳩や黄落期        小野  尚子

秘境にも十一月の暖かさ        栗田  和子

秘境なり水潺々と一位の実       鈴木 ルリ子

無住寺の庭に熟柿の落つる音      仙波  公江

無線機で交信のこゑ猟期来る      仙波  修三

二字熟語ノートに集め年詰まる     吉川 キミ子

九本の注連浄め終ふ鞴祭        吉田  眞澄



かつやま抄−12月− 御幸句会

御幸句会 ( 指導者 上原白水 )

凩やこころの奥に開かずの扉上原白水

猫にだけ語る本音や縁小春       青野 郁恵

来し方に少し悔いある懐手       岡本 久夫

酔へばまた同じ説教おでん酒      木下 節子

一人守る八十路の畑やそばの花     小池 郁子

蒲団干しひとり身に抱く日の匂ひ    中城 繁子

秋天を突き刺し五重の塔伸びる     野本 静雄

その話四へん目ぞなもしとろろ汁    藤 尚子

秋遍路バスに飛び乗り地図開く     宮本 照子

名水の瓶で届きし濁り酒        山本久美子

黒板に子等の似顔絵冬うらら      吉田 博子



かつやま抄−11月− 萬緑・海香句会

 萬緑・海香句会 ( 指導者 高本たかし )

猩々の言祝ぎ秋を舞ひ納む    高本たかし

縁台に秋果盛り分け小商ひ       小倉いま子

小鳥来る師の学舎の青春碑       木村せい子

萬緑会集ふ伊予路の秋渺々       郷田喜久江

鏝絵師の妻とこやさん秋うらら     重松 清美

青春碑撫づれば師の声青桐の実     西山あゆみ

花石路や内子古道はへんろ道      二宮木の実

笑顔で売るみかん娘の伊予訛り     森岡 青潤

有名な役者も来るぞな鵙の声      森崎美保子

秋灯し素手で太らす和蝋燭       森棟 正美

秋気満つ振鷺閣の刻太鼓        山先のり子

かつやま抄−10月− 山の会

 山の会      ( せきれい指導者 松森向陽子)

蟇ごそりと闇の動きたる     松森向陽子

大空を使ひ切つたる鰯雲        大西 素之

子規庵を殿に出て秋澄む日       渡部志登美

鶏の土搔いてゐる残暑かな       岡田 武夫

吉野太夫忌空薫のくぐもれる      名本 敦子

御開帳の縁にどつかと大南瓜      土居 桂子

車椅子畳まれてあり虫の夜       安永 和子

ひらひらと暮るる川波地蔵盆      堀本 美恵

鳥渡る地下宮殿に守る柩        沢田 美文

新顔のもて囃さるる芋煮会       西田 礼子

裁ち台に母の箆後跡酔芙蓉       池田さち子



かつやま抄−9月− 葦の会句会

 葦の会句会        ( 指導者 藤田ひろむ )

林中に天授の色の黄つりふね   藤田ひろむ

拭き終へし畳の上を盆の風       池水 清美

早稲青み腰まで沈む通学児       井関 智造

ふんだんに団子と具あり終戦日     久保 重子

参道は嘗て馬場なり蟬じゃんじゃん   栗田 和子

初秋の風通はせて考古館        菰田美佐子

石ひとつ積んで神来る霧襖       後藤紀美子

物音に聡き独りや夜の秋        永江としこ

穂に出でてひかり果なむ夕芒      日野 和美

立読みの背に涼風の吹きにけり     宮田 充子

盆過ぎの嶺嶺移り行く雲の影      森  恵子


かつやま抄−8月− 紅日句会

 紅日句会        ( 指導者 三好 曲 )
                                   
揚花火消えしところにまた開く   三好 曲

脱藩の道みんみんの声ばかり      川内 雄二

烏賊火群奥に一灯島燈台        鈴木とし子

透し絵の蓮美しき盆灯籠        仙波 明美

庭下駄を揃へ帰省の子を待てり     高橋 寿子

合掌家夏炉に昼も火を焚けり      西本里江子

薄物を着て軽やかに茶を点てる     乗松 米子

ビル街に朝ひとときの蝉時雨      船本  渥

水替へて金魚の紅の鮮明に       政末 弓子

遠花火見る窓際に夫とゐて       松木 文枝

手花火の子等を大人が囲みゐる     安岡 文彦

かつやま抄−7月− 山の木句会

 山の木句会        ( 指導者 嶋屋都志郎 )
                                   
菅の笠二つ涼しき顔二つ     嶋屋都志郎

灼け石に水と思ひて水を打つ      青野 勝子

積み上げしトロ箱百個梅雨明くる    浅野 誠雄

叫ぶこと忘れて久し夏怒濤       浅野夫美子

明け閉めの襖のきしみ梅雨籠      浅尾 節子

おまけに貰ひし緋目高のたくましや   佐藤  璋

白馬一頭涼しい風が吹いてゐる     嶋屋 房子

蝉一声ぬけるほど雨降りしあと     神野 静子

白き船灼くる港を出港す        武智 和美

白木槿約束のごと咲きにけり      渡部 節子

七月の記憶に白きひと日あり      和田 節子


かつやま抄−6月− 萬緑・海香句会

萬緑・海香句会        ( 指導者 高本たかし )

さくら時半旗のつづく官衙街 高本たかし

古民家をそつくり移し春障子      奥村 駿

肱川へ全容映し花の城         小倉いま子

宇野千代の恋や落花のとどまらず    木村せい子

草田男墓地に手押しポンプや草青む   二宮木の実

年の豆まだあたたかき紙袋       二宮 豊泉

友訪はなかのアカシヤの道訪はな    南  参波

内子座の玻璃の凸凹小鳥来る      日野 真弓

マリア様いつもさびしげ鼓草      室谷みきえ

病む夫に狭庭灯してみどりの夜     森棟 正美

ゆつくりと足で漕ぐ舟花菖蒲      高須賀経匡



かつやま抄−5月− 山の木句会

 山の木句会        ( 指導者 嶋屋都志郎 )

山深からねども鶯の谷渡り    嶋屋都志郎

ざわめいてゐる葉桜もその影も     青野 勝子

足腰の痛し梅の実まだ青し       浅野 誠雄

後悔の数ほど落ちし柿の花       浅野夫美子

窓開けてミシン踏む夏来たりけり    石丸 子

開く刻きて百合強き香を放つ      榎並 貞子

ひと雨の来さうな天気朴の花      宇和川つや子

川沿ひにこのまま行けとつばくらめ   佐藤  璋

寺山修司つねに新し五月来る      武智 和美

白牡丹咲ききってゐて音もなし     古川 れい

吾が足跡五月の波にさらはれし     町田 京子



selected entries

archives

profile

書いた記事数:100 最後に更新した日:2018/10/31

search this site.

mobile

qrcode