かつやま抄−2月−紅日句会

紅日句会  ( 指導者   三好 曲 )

飛梅を見る人垣のうしろより   三好 曲

ぬばたまの深き闇より鬼やらふ     山本 敏子

大阿蘇の耕しの土みな黒し       浅野あけみ

山焼の夜空に黒き五重塔        石田 哲雄

群生の水仙背中合せに咲く       今西 愛子

凍て弛み地下足袋土に馴染むなり   大西 通尚

篝火が水面すれすれ白魚漁       金川 允子

笹鳴きを聞く水軍の砦跡        川滝とも子

水底に動くものあり水温む       菊岡三代子

麦を踏む母の背中に子が眠る      河野 隆明

税申告終へ南窓の陽が陰る       定岡あゆみ


かつやま抄−1月−南風松山支部

 南風松山支部  松山支部長 岩渕 香城

寒椿こころおのづと身に籠り  岩渕 香城

竹林の奥に日のある仏生会             岡田 啓

三匹の虎の子を見に四日かな            高市 光子

荒獅子の一歩踏み出す初明り            三津田スミ子

寒梅の雨にけぶりしひかりかな            上甲 佐賀子

淑気満つ仏足石に日矢射して            只木 都

一人去り二人去りたる四日かな           濱田 澄子

初詣少年階を二段跳び                鈴木 郁子

春光やミケランジェロのイエス像           河田扶美子

雪の原この世眩しみゐたりけり            小笠原真紀

初空や大谷池の木々のかげ   山田 美香

かつやま抄−12月−卯月句会

 大街道・卯月句会  (指導者 平本 故淵)

咳の子の一歩離れて遊びけり  平本 故淵

熱燗に隔つる月日なかりけり          矢野 勝三

渡月橋渡り切たる時雨かな           岡田 幸燕

はるかなる国引き岬や神渡し          盒供)Щ

秋夕焼空ふるさとへ続きけり          宮内 登規女

推敲の一字決まらぬ夜長かな         秋川 裕恵

秋風や塵と掃かるゝ団子虫           山上 邦夫

改めて初心に戻り翁の忌            松本 智代栄

天狗岳伊予のはじめの粧ひかな        仙波 智子

名月や眺むる程に澄み渡り           前川 武史

時雨るゝや街を離れぬ群鴉           岡田 知二


かつやま抄-11月-山の会

 

山の会    (代表 松森向陽子)

                                   

瓢の笛鼈甲色の音を吐きぬ    松森向陽子

 

   篠笛の高音雲間の月を呼ぶ       大西 素之

 

葛の風愉しむ渥美清かな        渡部志登美

 

子規ほどの一途となれず昼の虫     岡田 武夫

 

敬老の日も繕へる漁の網        宮中 敏子

 

底紅や夢は夢なるままがよく      名本 敦子

 

村挙げて廃校惜しむ運動会       谷本 一善

 

漬けおきの豆のふくらむ無月かな    堀本 美恵

 

部屋の灯をともさずにゐる良夜かな   沢田 美文

 

絹ほどの雨に烟りて曼珠沙華      池田 幸子

 

   新蕎麦や暖簾を守る老夫婦       大島 慧子

かつやま抄-10月-三の丸句会

 三の丸句会 主宰 阪本 謙二

 

晩年のほのと明るし花の雨 阪本謙二

 

   漂白のこころありけり檸檬切る          小泉 義雄

 

出迎へは分校の子と道をしへ      中山 麻子

 

かたつむりひとつ眠れる大樹かな    出海 純子

 

白玉にひとさし指のゑくぼかな     佐伯 和

 

風涼し床下高き旧庄屋         西村 スミ

 

門前の出水素足で渡りけり       兵藤 昭

 

朝涼や退院といふ美辞麗句       逸見あきら

 

くじ引きで売る珍しき兜虫       松井 範江

 

即答を避けゆつくりと水を打つ     松本 麗子

 

ひとり坐せばひとりの影や葦簀小屋   行本奈智子

          11月道後店掲載句

 

   禊場の岩を飛びたつ黒揚羽       秋川 苗

 

びつしりと玉葱吊りし土蔵かな     荒井 智子

 

草刈の青き匂ひの毛先まで       石塚 美穂

 

万緑を背景に立つ遊行寺        伊藤 三郎

 

寒菊を活けふくよかな女将かな     越智 啓子

 

夏あざみだらだら下る女坂       加藤 守

 

禊場の滝は烈しく磐を撃ち       久門ヨシエ

 

めくるめく螢の川となりにけり     黒川 紀子

 

旧家より旧家に移る青大将       豊田 安美

 

一の鳥居や青田風一身に        山川 瞳


かつやま抄−9月−坂本句会

 

坂本句会  (指導者 藤田 ひろむ)

坂本句会への指導方針は、風土性を写生を通して詠うことに、重点を置いている。自然との出遇い、人との出会いを大切に、触発された感受を活かしてゆくよう努力して頂きたい。


古刹守るゆゑの静けさ濃あぢさゐ     藤田 ひろむ

夏料理ヘルパーさんに教はるる     相原喜美栄

海の日は空罐拾ふ清掃日         相原 誠則

合歓残花水音にさとき日なりけり     栗田 和子
  
無住寺の庭の箒目涼新た         永野 紀子

甚平を着て一徹の戦中派         長谷川雅男

路線バス賑はふ蓮見客乗せて       林 美沙子

葛茂る一枚石に六地蔵           船田としこ

鬼百合に黒斑多しや無人市        松田 温子
  
笹百合を膝つき手つき眺めをる      松本 章見

巡礼の泥まみれなる登山靴        水野万亀子


かつやま抄−5月−紅日句会

 

   紅日句会    ( 指導者 三好 曲 )


     「紅日」は山口誓子の天狼俳句の継承を目指して平成元年七月に創設した結社である主宰は天狼同人三好曲俳誌「紅日」は誓子の句集より名を譲り受けその題字も誓子の揮豪によるものである。編集長は創刊より川内雄二で、現在二百五十号に至った。
筋金入りの天狼人であった創刊時の同人の殆どが鬼籍に入り会員の老齢化はふせぎようもないがなお脈々と「写生に徹し感動を物のことばで定着させる俳句」を目指して精進を続けている結社である




緑なり新茶を揉みしたなごころ   三好 曲

  

竹の子の十二単衣の襟かたし           久保田由布

 

束ねたる長さ異なる遍路杖       川内 雄二           

 

凧合戦転びても糸離さざる       三好あさ子

 

健やかな父母妻子花みかん       武田 成幸

 

多島海島から島へ燕飛ぶ        米山登茂子

 

スコップもバケツも小さし磯遊び    大坪 洵子

 

鯉幟尾鰭が撫でる鬼瓦         籠  正二

 

わんぱくの如し尾を振る鯉幟      宮内  理

 

初鰹捌く厚刃の土佐包丁        大西未江子

 

聖五月さらさらの土雀浴ぶ       越智 敬章 


えつやま抄1005


かつやま抄1005




少々お待ち下さい。

新しい俳壇のページを再会いたしますので、しばしおまちください。



selected entries

archives

profile

書いた記事数:88 最後に更新した日:2017/09/30

search this site.

mobile

qrcode